求人募集の張り紙みて連絡してもいつも決まった後・・・
ゴミ捨ての後、偶然会ったご近所の奥さんと立ち話になった。奥さんはお子さんがお2人いて、下のお子さんの受験が終わったので、学費や生活費の足しにもなるからと、パートに出て働くことを決意されているそうな。



ところが、求人募集の張り紙みて連絡してもいつも決まった後・・・と、暗い顔をされていた。そんな話は他でも耳にしたことがある。いつでも求人募集の張り紙をしていて、問い合わせてみるともう募集はしていないと言う企業。これは、応募してくる相手を見て採用試験以前に選り好みをしているのではないかと疑いたくなる。

兵庫労働局 | ハローワークの所在地一覧・管轄

パートに限らず、就職情報誌などに求人広告を載せている社員募集の情報に応募してみても、同じように採用試験までこぎつけないということが多々あるそうだ。これは、求人情報誌が多くの求職者の目に留まり、応募が殺到するからだと思う。長引く不況で失業者が巷にあふれ、数少ない求人の奪い合いになっているのだろう。採用する側も求職者が殺到するので、採用業務も忙しくなり、応募段階で断らざるを得ない状態になるのは推してしるべしである。

職員就業規則運用細則

後日、ご近所の奥さんは無事にお仕事が決まったそうである。奥さんのお友達の紹介でスーパーのお中元、お歳暮コーナーの受付になったというのだが、やはり口コミでの就活が一番安心と言えるかもしれない。