マラソン選手等に適している筋肉
僕は今年中学に入学し、陸上部に入りました。数多い中学の部活動の中から、わざわざ陸上部を選んだのは、毎年のお正月に父やおじいちゃんが一緒に見ている「箱根駅伝」に影響され、僕もあんな風に走れるようになりたいと思ったからです。

遺伝子変異の記述法

実際に陸上部に入ってみると、うちの学校の場合、意外にも「マラソン選手に適した筋肉とは何か?」といった運動理論の勉強から行っていて、僕は驚いてしまいました。漠然とですが、「陸上部に入ったら、まずは何はともあれ走れ!ってことになるんだろうな」と思っていたからです。このことを顧問に言うと、「昔はそうだったがな、今は陸上の理論の時代なんだぞ?」と笑われてしまいました。

プロテイン おすすめ

さて、この「マラソン選手等に適している筋肉」についてですが、これまで受けた部活の講義によれば、どちらかというと「瞬発力より持久力」をメインに鍛えていくようです。正確には「筋持久力」と言い、蓄積していく疲労に耐えて筋肉が運動し続ける能力のことを指し示しているのだとか。
実際のトレーニングとしては、「フルパワーの半分以下の力で、もう動けなくなるまで反復練習を果てしなく行う」方法が、うちの陸上部では行われています。この「全力でない」部分がポイントで、だいたい30~50%程度の力で運動を繰り返すことで持久力を高めるのとのことです。

文部科学省?革新的な?がん治療法等の開発に向けた研究の推進?|?NKT細胞免疫系を標的にした頭頸部癌の免疫細胞治療の開発に関する研究

僕もまだ習い始めなので、今一つよく分かっていない部分がありますが、実際の運動を通して体感していきたいと考えています。